読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんかてきとうに

わりと個人的な忘備録的ですよ。

お勉強

CCIE R&S written の勉強をする羽目に。

英語できないのですけれど。

とりあえず CCIE Routing and Switching v5.0 Official Cert Guide などを読み進め。

RJ45 のLANケーブルってどうなってるの?

RJ45 のツイストペアケーブルが一般にメタルケーブルとして使われています。

結線には

  • T568A

  • T568B

の2種類があって

両側が同じ方法で結線してあればストレートケーブル

両側が別の方法で結線してあればクロスケーブル

ここまでは割と普通に知っているのでは。

T568A を見てみると 1,2が3ペア 3,6が2ペア 4,5が1ペア 7,8が4ペアという組み合わせになっています。

T568B を見てみると 1,2が2ペア 3,6が3ペア 4,5が1ペア 7,8が4ペアという組み合わせになっています。

2ペア、3ペアが入れ替わっています。

10/100BASE-TXではデータの送受信はここで行っているためこうなります。

1000BASE-Tではデータの送受に4ペアすべて使うため、フルクロスケーブルというのもあります。

この場合、

1ペアと4ペアもクロスさせます。

が、1000BASE-Tになると、たいていAuto-MDI/MDX対応なのでストレートケーブルがそのまま使えてしまいます。